ホーム 全件表示 イカット(綿絣) インドネシア・ティモール > インドネシア・ティモールのアンティークイカット(綿絣)<6>

インドネシア・ティモールのアンティークイカット(綿絣)<6>

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

草木染した綿の糸を手織りしたものです。5~60年前のものですが、新品です。
実際の色合いは画像1に近くそんなに派手ではありません。
画像3の右側に模様がみえます。幅は26cmほどで、反対の左側にも同じ模様があります。全体では幅が130cmあります。
長さは220cmほどで、両端にフリンジがついています。
壁飾りやテーブルセンターなどに使えば、アジアンテイストな部屋になること間違いなしです。

イカットとは、インドネシア語の縛る・括(くく)る・結ぶという意味で、織りあがったときに浮き出る模様を想定して、糸を染める段階で糸を括って、その部分に色が付かないようにします。
大抵、設計図のようなものはなく、括る人の頭の中にあるものが、代々伝承されていきます。
価格:20,000円
注文数: