ホーム 全件表示 イカット(綿絣) インドネシア・ティモール > インドネシア・ティモールのアンティークイカット(綿絣)<9>

インドネシア・ティモールのアンティークイカット(綿絣)<9>

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

インドネシア・ティモール島の綿の絣、イカットです。
古布ですが、使われていたものではなく、5~60年眠っていたものです。
イカットとは、インドネシア語の縛る・括(くく)る・結ぶという意味で、織りあがったときに浮き出る模様を想定して、糸を染める段階で糸を括って、その部分に色が付かないようにします。

この島のイカットによく見られる鳥や人間などの模様ではなく、5cm幅の幾何学模様のストライプが6本縦にはいっていまます。
実際の色は画像1に近い落ち着いた色合いです。

ツルっとした生地感で、しっとりした手触りが心地よいです。
横幅が128cm、長さ225cmほどあります。
壁飾りやテーブルクロス、ベッドカバーなど、アジアンチックなインテリアとして映えること間違いなしです。
価格:22,000円
注文数: