ホーム 全件表示 イカット(綿絣) インドネシア・ティモール > インドネシア・ティモールのアンティークイカット(綿絣)<10>

インドネシア・ティモールのアンティークイカット(綿絣)<10>

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示

インドネシア・ティモール島の綿の絣、イカットです。
古布ですが、使われていたものではなく、5~60年眠っていたものです。
黒地というよりは、ちょっと茶っぽい墨色の地に大きい絣柄が大胆です。そして、それとは対照に水色、黄色、ピンクなどのカラフルなストライプや端部分の水色にピンクの模様など、コントラストの妙も素晴らしいひと布です。

幅が130cm、長さは195cmほどあります。ベッドカバーや壁飾りとしてお部屋のインテリアにどうでしょう。

イカットとは、インドネシア語の縛る・括(くく)る・結ぶという意味で、織りあがったときに浮き出る模様を想定して、糸を染める段階で糸を括って、その部分に色が付かないようにします。
大抵、設計図のようなものはなく、括る人の頭の中にあるものが、代々伝承されていきます。
価格:20,000円
注文数: